athaはこんな私がやっています♪
athaはこんな私がやっています♪

初めまして、店主の小林尚子です。

 

セラピストを始めて約10年、色々な方のお体を癒してきました。

 

その中でたくさんの方とお話をし身体の疲れが心のストレスからきている方、身体のバランスや筋力の低下からきている方、そしてその両方の方に分けられていることに気付きました。

 

技術だけではない会話からの安心や安定を与えられ、ストレスの解放をお手伝いできたらと思っています。

 

そして年代、性別問わずまた運動が苦手な方にも出来るヨガを取り入れることで、心と身体の両方をご自身でコントロールすることを一番の目的としています。

 

私自身も心のナイーブさが欠点でした。それを頑張って克服することを目的とせず「今の自分と向き合う」ことで、人間関係を客観的に見つめる癖がついていき、コミュニケーションをとることへの不安が少しずつ減っていきました。

 

ヨガで自分の内側を見つめ、嫌だと思っていた考え方や感情の癖を見つけ、自分との付き合い方がうまくいくヒントが得られるようなレッスンを目指しています。

 

 

 

気軽にどうぞ~♪
気軽にどうぞ~♪

改めまして、

自己紹介です。

 

小林 尚子   

Naoko Kobayashi


生年月日: 1981年2月13日 水瓶座
出身地:茨城県笠間市

血液型:A型


趣 味


・ヨガ

(伝えるのも好き🎵やるのも好き!)

・石鹸作り

(趣味が高じて今は石鹸教室も

    開いています。)

・お酒    

(毎日お酒を飲んでも太らない身体を

    作るために、ヨガをしている…かも~)

 

資 格


【ヨガ】

全米ヨガアライアンス200時間

Bliss Baby yoga マタニティヨガ

Yoga Ed.キッズヨガ

各種解剖学講座 終了

 


【タイ古式マッサージ】


・タイ文部省指導者資格ライセンス

    (タイ政府認定修了証発行可能)

タイ古式マッサージ

ストレッチ1、2


・タイ文部省ライセンス

トークセン

マタニティマッサージ

ベビーマッサージ

ユーファイ(産後マッサージ)

フットリフレクソロジー

オイルマッサージ

スクラブマッサージ

 

 

経   緯   (長いので暇つぶしにどうぞ)

    20歳半ば派遣社員、特技なし、目に映るものが羨ましく、羨まし過ぎてイラつく毎日。

リア充なんて破滅しろと思う。

    そんな中派遣切りに何度かあいただでさえ働きたくないのに、仕事のやる気がどんどん失せる。

    30歳の時の派遣切りを機にカタツムリ(家の中からでない)生活をすることになる。歩くのはトイレとお風呂くらいの100歩に満たないぐうたら生活。食べ物を買いに行くのも面倒で食べるのをやめてみる。(一瞬)

しかしお腹はすぐ空くので最短距離のコンビニで用を済ます。そんなカタツムリ生活は毎日が楽だ!と思っていたのに、段々とその生活が苦痛になる。

けれども仕事は面接に落ちてばかりで、更に心を打ち砕かれ行き所を失う。(思い込み)

そして仕事をする気ゼロになり、毎日家でハリーポッターを見続け魔法の言葉をほぼ覚える。


そんな生活を1年した頃、友達にヨガに行こうと誘われる。(人生2度目のヨガ)

嫌いだったヨガだけど「こんな生活じゃダメだ!」と頭の片隅では思っていたので、家から出てみることにする。

その時のヨガは友達と3人だけだったので、すごく気持ち良くて楽しかったとヨガの認識が変わる。

それから毎週通い、それが週2回になりと自然とハマっていく。

それと同時にしっかり食べるようになり、やる気がどんどん上がり「今から私は何をしたいのか?」を常に考えるようになる。(何の仕事がしたいのか、何が好きなのか、何があってるのか)


そして働いてなくてお金もないので、友達からの誘いもお金の都合で断ることに情けなさも覚える。

何かしたくてもお金がないから身動きを取れない。(取れないんじゃなく取らなかっただけ)

でもそんな自分じゃダメなんだーーーーー!なんて悶々とした日々。


自問自答をした結果、昔やっていたマッサージの仕事をもう一回やってみようと思い、世界中のマッサージを調べる。

私の貯金で行けそうなところ。

そして選抜を勝ち抜きトップに躍り出たのが『世界一気持ちいいと言われる』タイ古式マッサージでした。

日本じゃ高いし本場のタイならなんとかなりそうと、いきなりポジティブな考えになる。英語もタイ語も分からないから、通訳がいて宿もついてて空港まで迎えに来てくれるところ。そしてまた選抜を勝ち抜きトップに躍り出たのがCLSでした。


そこに行くと決めてからは早かった。

すぐにチケットを取りスクールの手配もして、キャンセルできない状態にしてから怒られそうな親や周りの人たちに伝える。

案の定とくに姉から怒られたが、話をそらし怒りの矛先を変えてみる。(末っ子だから得意)


そしてチェンマイへ旅立つ。


知ってる人もいなくて、人見知りという呪縛が邪魔をしたが、酒という魔法でなんとか乗り切る。お出かけもそこそこに朝から夜中までマッサージに励み体に叩き込んで染み込ませる日々。


そのマッサージスクールで出会った友達に東京のヨガ情報を教えてもらい、ヨガスクールに通う決断をする。(この時まだ自分でも分かってないことがあった。それはヨガレッスンの小話でよく話ししてます。)


日本に戻ってヨガスクールに通うべくまず最初に選んだのが、学芸大学にあるLiLA YOGA INSTITUTEでした。東京での初レッスンで小心者はひとりで行けず、そのマッサージで知り合った友達と参加することになる。レッスン後なんとなくでこのままこのスクールに即決してしまう。(今思えばかなりイイ直感だった)


スクールでは目立たず、気配を消して、指されないように。という教訓のもと最初のコースを皆勤賞で卒業する。


すいません、続きはまた後ほどアップします。



    ヨガを伝えようと場所を探したが知らない土地にオープンする度胸がなく、2013年に地元旧笠間市にてヨガスタジオをオープン。